blog index

基礎体温日記→妊娠日記→育児奮闘記

結婚4年目、赤ちゃん欲しい期間丸1年で、ようやく第一子を授かり、05年7月に息子・モンチが生まれました。そんなモンチも、もう2歳!
全ての赤ちゃん待ちご夫婦と、育児中のママ・パパを応援しています。
<< 魔の2歳児、近し? | main | イヤイヤ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
こんな日があっても。
今日は朝から雨だったので、モンチとふたり、
家でのんびり。ここ最近は雨の日には、
普段生活のペースなどが違い、なかなか交流を持てない
同じマンションの友人を呼んだりして過ごしていたのですが、
なんだか今日はそういう気分にもなれず。。
なんだか異様に眠くて、モンチが遊びで「ネンネ」と
ベッドに誘うので、それをいいことにしばらく
ウトウトしたり、究極のダラダラ日でした(笑)。
でもこんなふうに過ごすのは、本当に久しぶり。
数ヶ月に1回くらいこんな日があっても
バチは当たらないでしょうイヒヒ

しかし悲しいかな、殺人や虐待のニュースを聞くのも
日常化してしまった今日この頃。特に、17歳の少年が
母親を殺害・切断した事件が起こったあたりから、
連日そういうニュースが入って来て、何かが
おかしい・・・と思っていたところに、昨日は
ベビーカーが電車に挟まれ、引きづられた事故、
今日は、駅の地下街で2歳の女の子が
突然29歳の女に刺された事件。
この2件は、事故・事件現場が、
私の日常と密接に関係しているので本当に怖い。
詳細を聞くと、もちろん憶測でしかないけれど、
ベビーカーは、おそらく母親がかなり無理な
駆け込み乗車をした結果だと思うし
(でないと、ベビーカーの前輪が閉まりかけた
ドアに挟まることは、まずないのではないかと・・・。
そしてこの推測が当たっているのだとすると、
生後4ヶ月の赤ちゃんを乗せて、何故この母親は
そんな無茶をしてしまったのだろう?と理解に苦しみます。。)、
今日の事件も、たぶん加害者は普段、
1人では外出を許されていないような、
精神的な何かを持っているんだけど、
たまたまその日は、家族が目を離している隙に
1人で外に出てしまったとか、そういう経緯が
ありそうなかんじなので(追記:容疑者、
老人施設で働いていたみたいですね。
そうなると、ますます何故??と不安が募りますね)、
そんなに怯える必要はないんだろうなと思いつつ、やはり怖い・・・。
いずれの件も、日本中の小さな子供を持つ親を
震撼させた出来事だと思う。
| babycome | 1歳10ヶ月 | 20:55 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:55 | - | - |
コメント
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

bolg index このページの先頭へ